NPG研究所

0263883793

0263883793

開発の経緯

  • 他の歯車機構と比べ波動歯車の歴史としては60年程度と浅く、現在では、金属製が主に産業用機器(ロボット等)に使われており、民生品関係での広がりはあまりないようです。
    樹脂材とすることで、金属を避ける理由がある用途などへの活用を広めたいと考えました。

     

    波動歯車には様々な形状があります。

    その中で、お客様の製品(装置)のコンパクト化に寄与できるよう、減速機単体を薄型にしたタイプに着手しました。

    開発対象は減速機単体です。

    これは、お客様の製品(装置)に組み込まれる事を想定したためです。

    減速機の入力軸、出力軸を支持する軸受機構を製品(装置)と共有化し軸方向に、よりコンパクト化ができるようにと考えたからです。

     

    ギヤボックスとしてご利用したいと考えるお客様にはボックス部分の製作もお手伝いできると考えています。現在、ギヤボックスの標準化に着手はしていませんが将来的にはシリーズ化を検討しています。

     

    尚、金属製波動歯車をご使用経験のある方は大きく次の項目が異なることをイメージしてください。

    同等外径品とした場合

    ・樹脂化することで金属に比べ出力トルクが低下します。

    ・樹脂化することで金属に比べ質量は軽くなります。

    ・射出成型することで精度も落ちます。

    ・射出成型することで安価になります。